ベルギー在住&フランス・シャンティ事務所 オリジナルの世界観をご提案するフランスアンティークショップDeco Belge

L'anonce

閉店したメルスリーの買い付け

先月のことですが、

「閉店したメルスリーの在庫を自宅に運び入れているので、
一緒に買い付けに行く?」

と、友人からお誘いを受けました。

薄暗い家の中は、ボタンや布、リボンや糸が無造作に積まれ、

「こんなものは無いかしら?」とお尋ねする度に
カミョンに取りに行く女主人。

買い付けで難しいことは、
私の思うこんなものと

お相手の思うこんなものに、大抵差があること。

「これ、素敵でしょ?」

と仰られても、
「???」

とお返事に困ることしばしば。

メルスリー以外にも、通常のブロカントにも出店している方なので、
あらゆるものが、ごちゃごちゃとカミョンから荷出しされておりました。

色ごとに綺麗に並べられた刺繍糸が沢山入った抽斗。

リボン専用の大型の家具など、愉しい什器も色々ありますが、
郵送はどれも難しいサイズ感。

Deco Belgeでは、小さな什器のみご紹介致しましたよね^^

ごちゃごちゃの家の中ですが、
ここは女主人のご自宅で、これから工事が入るとか。

メルスリーの在庫はさておき、
大きな天使のランプや、
大きな鏡、

ドア上のオーナメントに、
海うちわのようなシャンデリアと

彼女の洗練されたセンスが散りばめられた家は
とても魅力的でもあります♪

ワイヤーで作られたシャンデリアは、
ぽきっと折れてしまいそうに繊細な作品でしたが、
とても好きなデザインです♪

箱の中にはシルクハットがそれぞれ収まっておりました。

実際に使用されているキッチン。

壁のタイルのモダンさと、
ブーシュリー(肉屋)で使用されていた木のテーブルなど
アンティークとモダンのコラボラシオンがとても好みです。

アメリカ人のバイヤーが欲しいと言っていたという車の一部。

「私のコレクションは売れないわ~」
と仰る女主人。

友人は時々振り返って、
「これ素敵よ~」

と見せてくれるアンティークたちですが、
「そ~お??」

と、つれない私でありました^^

こういったウブダシ品は、時々思いがけないお宝があるもので、
買い付けに一瞬躊躇したとしても、
気合入れて、丁寧に時間を掛けて探し出します。

外で待っていた友人の旦那さまと
私の旦那さま。

「まだ終わらないの??」

と何度も呼びに来たのですが・・・

待ちくたびれて、二人でビール飲みに出かけてしまいました^^

-L'anonce

Copyright© フランスアンティークショップ Deco Belge , 2021 All Rights Reserved.